2017.02.25

日本鉄道模型ショーin京都 2017

Photo今年も、嵯峨野での模型ショーに行ってきました。明日、2月26日(日曜)も開催しているので、ぜひおいで下さい。

関西では、数少ない模型イベントです。近所で開催されるのはうれしいことです。余談ですが、京都鉄道博物館(梅小路)や加悦SL広場など、関西の主要鉄道関保存施設が京都府下に有るのは住民としてはうれしいことです。

続きを読む "日本鉄道模型ショーin京都 2017"

| | コメント (2)

2017.01.01

謹賀新年2017年

13n30076_a_800s_2
 新年あけましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

続きを読む "謹賀新年2017年"

| | コメント (3)

2016.12.03

TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売

___dscn2850期待のTOMYTEC製ナロー「富井電鉄 猫屋線」が発売されました。JM(13mm)と相性の良い1/80です! パッケージの表記は「ナローゲージ 1/80 SCAIL 9mmGAUGE」です。 これなら、1067mmに隣接して設置できます。 「車両模型」なら、少々縮尺が違っても「大目に見る」事もできますが、レイアウトで人形を配すると、1割も違うと違和感が出てきますので、製品利用では、1/80レイアウトで、旅客軽便鉄道の併設は困難でした。
残念ながら、パッケージに「JMk」の表記は有りません。

続きを読む "TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売"

| | コメント (0)

2016.10.09

遠山森林鉄道の保存活動

Dsc_6436_800s以前から行きたいと思っていた、遠山森林鉄道の保存活動へ友人につれて貰い、行ってきました。飯田からでも1時間半以上かかる、梨元ていしゃばで活動されている。

続きを読む "遠山森林鉄道の保存活動"

| | コメント (0)

2015.12.31

池袋・鉄道模型芸術祭(B1・アトリエ偏)

Dsc_3438_800s年末は人並みに忙しくて、報告が遅くなりました。まずは、B1のアトリエでの展示を紹介しましょう。アトリエイーストに入ると「木曽大滝森林鉄道」グループのモジュール展示です。今回は、敢えてエンドレスを組まず、静態展示です。このため、ゆっくりと観察出来て好都合です。車輌も見せ場に、止まっているので、裏にも回れるようにスペースを取ってあったので、じっくり拝見出来ました。

続きを読む "池袋・鉄道模型芸術祭(B1・アトリエ偏)"

| | コメント (2)

2015.12.27

池袋・鉄道模型芸術祭

Dscn6558_800s日本鉄道模型の会主催の第1回 鉄道模型芸術祭が池袋駅前で開催されています。
管理人も、見学に行きました。

好天に恵まれて、屋外のマフ・ポッターも堪能出来たし、「おぎのや」の釜めしも食べて、好調な滑り出し! 展示は、落ち着いた雰囲気で、粒よりの出展で、1日では見きれないほどでした。

続きを読む "池袋・鉄道模型芸術祭"

| | コメント (0)

2015.01.01

謹賀新年2015

13n09947_a_800s_2








 

 

 

      
    

謹賀新年 2015年元旦 
撮影2013/9/27 タシクマドウゥ製糖工場

続きを読む "謹賀新年2015"

| | コメント (4)

2014.10.02

軽便祭の話題(書評)

先日(2014/9/28)開催された、軽便祭の話題です、詳しくはアンテナ公式サイト をご覧頂くとして、この日発売された本の書評です。いずれも南軽出版局発行です。
Dscn0273_800s「ペルス・ピロボラ鉄道」2500円(税別)
言わずと知れた「DACHS」のプロトタイプで、SL誌No.7で「ペルス鉄道に乾杯!」C.S.Small+KEMURI PRO.で、知られるようになった2FOOTたちです。
けむりプロが、この辺境の鉄道に出会ういきさつも、慎重な準備だけでなく「占い師」による偶然がきっかけになっている、などの顛末も記されていて、我々が、ナローゲージを指向するようになった、このSL誌の記事にそんな「偶然」が有ったことは、何か神様の導きでもあったのだろうか? などと、柄にも無い事を思ってしまいます。

続きを読む "軽便祭の話題(書評)"

| | コメント (8)

2013.10.14

インドネシア2013年

13n49087a_800s報告が前後して遅れましたが、久々にジャワ島の製糖工場に行ってきました。9月26日から10月2日の撮影4日半という、今まででは最も短い旅程でした。管理人の体調がイマイチなのと、メンバーの日程が合わなかったためです。10月なので、雨期が近いので天候も心配でした。しかし、そんな杞憂にもかかわらず、撮影中は雨に煩わされること無く、順調に終えました。一度、日暮れ後の車での移動中に、激しい雨に遭いましたが、撮影には支障がでませんでした。車内にもかかわらず、スーツケースに水が入りましたが、重要物は全てビニール袋の中でしたので、ホテルで乾燥させるだけで済みました。

画像は、マディウン近郊の、プロオダディ製糖工場です。写真中央でブロアーを挙げている16号機は、この直後、後方に流れている列車の後を追って出発して、後補機になります。夢のような光景で、そのほとんどは網膜に焼き付けてきました。あの、感動の一部分でも伝われば幸いです。撮影した約1万カットの中から、見られるカットを選び出す作業が大変です。

| | コメント (2)

2013.10.06

王滝森林鉄道フェスティバル2013

JAMの報告も途中のままで、他にも報告すべき事が沢山有るのですが。。。
唐突ですが、3年に一度の王滝村のイベントに行ってきました。

2013_dsc_6516_800s今回で第4回となる「王滝森林鉄道フェスティバル2013」です。各地から、大勢の観客も来て大変な賑わいでした。画像は、最終便の「再現! 運材列車」です。本物の木曽ヒノキの原木を営林署からお借りしているそうです。他にもモーターカーや、客車列車、タンクカーなど、盛りだくさんで、あっという間の一日でした。ご希望が有れば、他の画像もUPします!

| | コメント (2)