2016.12.03

TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売

___dscn2850期待のTOMYTEC製ナロー「富井電鉄 猫屋線」が発売されました。JM(13mm)と相性の良い1/80です! パッケージの表記は「ナローゲージ 1/80 SCAIL 9mmGAUGE」です。 これなら、1067mmに隣接して設置できます。 「車両模型」なら、少々縮尺が違っても「大目に見る」事もできますが、レイアウトで人形を配すると、1割も違うと違和感が出てきますので、製品利用では、1/80レイアウトで、旅客軽便鉄道の併設は困難でした。
残念ながら、パッケージに「JMk」の表記は有りません。

続きを読む "TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売"

| | コメント (0)

2016.10.27

大夕張のセキ1、セキ1000

03d07192_800s2003/6/28に観光旅行をした際に立ち寄った、南大夕張駅跡のセキです。客貨車区当直日誌さんで、セキの研究が進んでいるので協賛企画です。
実は、JMキット・ワ10000の次の企画を夢想しているのですが、その候補の一つがセキ600なのです。もちろん、まだ全く具体的な話では有りません。「セキ600なら10輌買うぞ」と云うコメントでも歓迎です。写真はセキ1(車歴:オテセ9500形→オテセ11000形→セキ1形式セキ118)

続きを読む "大夕張のセキ1、セキ1000"

| | コメント (2)

2016.10.24

けむりプロの本 鉄道賛歌など

Dscn2176_800s軽便祭で発売された、南軽出版の書籍2点を入手しました。
鉄道賛歌Ⅱと言っても良い内容です。「北のOLD American」2,800円(税別)は、北海道のアメロコの魅力と、運炭鉄道の魅力を存分に味わえる、鉄道賛歌Ⅱとも云える内容です。もう一つ「軽便賛歌Ⅵ」1,000円(税別)は、昨年のプレイベント講義録で、倉地光男さん「南国の砂糖きび列車を追って」、湯口徹さん「簡易軌道見聞録」、今井啓輔さん「殖民軌道から簡易軌道まで」、畑中博さん作成のレイアウト「阿寒辺牛線「など、今回はオールカラーです。

続きを読む "けむりプロの本 鉄道賛歌など"

| | コメント (7)

2016.01.01

謹賀新年2016

15k93365a_400s2016_3
            撮影:2015.9.3 インドネシア チェプ森林鉄道

 

続きを読む "謹賀新年2016"

| | コメント (3)

2015.09.16

写真集「玄冬の車止メ」発売

Dscn5607_800s「汽車の語りべ 松本謙一」事務所の新刊が発売となりました。
発行:エリエイ 23,760円税込
総ページ数 200ページ(カラー43ページ・モノクロ157ページ)
写真総点数 249点
28 × 36cm(A3判)

待ちに待った、写真集がついに発売されました。
入手は、事務所に直接申し込まれるのが確実です。葉書、FAX、eメール で申し込むと、送金方法をご連絡し、入金が確認され次第、厳重梱包のうえヤマト宅急便で発送してもらえます。配達指定時間帯は注文時に連絡ください。送料は無料との事です。
  「汽車の語りべ 松本謙一」事務所
  〒161-0032 東京都新宿区中落合2-17-14-104
   FAX 03-5988-7183
   eメール obata-mko@aurora.ocn.ne.jp

松謙氏の集大成とも云える、この作品の第1巻です。
表紙は、なんと日曹鉱業天塩砿業所専用鉄道です。逆光による雪の質感表現、犬の仕草の一瞬を捉えたシーンは、何度見ても飽きることが有りません。

続きを読む "写真集「玄冬の車止メ」発売"

| | コメント (0)

2014.10.02

軽便祭の話題(書評)

先日(2014/9/28)開催された、軽便祭の話題です、詳しくはアンテナ公式サイト をご覧頂くとして、この日発売された本の書評です。いずれも南軽出版局発行です。
Dscn0273_800s「ペルス・ピロボラ鉄道」2500円(税別)
言わずと知れた「DACHS」のプロトタイプで、SL誌No.7で「ペルス鉄道に乾杯!」C.S.Small+KEMURI PRO.で、知られるようになった2FOOTたちです。
けむりプロが、この辺境の鉄道に出会ういきさつも、慎重な準備だけでなく「占い師」による偶然がきっかけになっている、などの顛末も記されていて、我々が、ナローゲージを指向するようになった、このSL誌の記事にそんな「偶然」が有ったことは、何か神様の導きでもあったのだろうか? などと、柄にも無い事を思ってしまいます。

続きを読む "軽便祭の話題(書評)"

| | コメント (8)

2014.08.29

2014年JAMコンベンション(その5) レイアウトの話題

Dscn0062_800s土曜日に見逃したレイアウトを、見学しました。他のサイトで紹介済みのレイアウトがほとんどですので、落穂拾い的な話題を2題。
「レイアウトしわざ人」の「クラム・ベイPart4」とエコーモデルのブログで紹介された「銚子電鉄犬若線」です。


続きを読む "2014年JAMコンベンション(その5) レイアウトの話題"

| | コメント (0)

2013.11.04

秋の古本まつり(C.S..Small氏の話題)

今年も京都の知恩寺で行われた古本まつりに行ってきました。
運転会報告などをサボりながらの報告です。
1_dscn6013_800sワクワクしながら、門をくぐります。京都古書研究会のイベントは、5月のみやこめっせ、8月の下鴨、そして11月の知恩寺の年3回開催されます。出展するお店も異なりますし、屋内向け陳列と、屋外向け陳列で出展する本も買えている場合も少なく無く、本好きには、毎回楽しめるのです。

続きを読む "秋の古本まつり(C.S..Small氏の話題)"

| | コメント (10)

2011.02.23

JAM総会の併設イベント(クリニック)

今回のJAM総会では、例年とは異なり趣向を凝らした、イベントが併催されました。今回はクリニックの報告・感想を記します。北海道の各時代の写真をふんだんに使ったためになる講演でした。

●クリニック「北海道特集」

「昭和20 年代の北海道に古典機を追う」( 竹中泰彦氏)

11n02013_800s_2貴重な昭和20年代の北海道各地の風景が紹介されました。この時代の記録は少なく、全てが貴重なものばかりです。中でも管理人が感激したシーンは、これです。当方が建設中の「上幌延炭礦鉄道」のモチーフとなった日曹天塩」です。ポケットも建設中のようです。まだまだ、増産体制に有った頃なのでしょうか? このような、竹中氏の「私鉄の風景」に掲載されていないシーンも見ることが出来ました。なお竹中氏の写真集は、モデルス イモン発行ですので、通販可能です。

「茅沼、そして上芦別物語」( けむりプロ)

11n02023_800s「鉄道賛歌」や「萱沼炭化鉱業専用線の思い出(鉄道ファン)」 裏話を地図や未発表の写真を交えて紹介されました。レイアウトの参考になりそうな貴重な写真もいくつか拝見出来ました。中でも、雄別の給炭台は”裏がどうなっているのか?”が分かるレイアウトビルダーにとっては、のどから手が出るほど欲しいアングルです。ぜひ、このような資料的にも価値のある写真が、写真集などになることを熱望します。

「山線のC62 と北海道点描」( 桟敷兄弟)

11n02055_800s小樽の当時何気ない町の風景を記録した写真の紹介から始まり、兄弟の撮影秘話を交えて、楽しい講演でした。最後は裏地に ツバメが2羽飛んでいる着物を見せて頂き、やんやの拍手を得て、落ちとなりました。この時代に、街の風景を捉えているのはすばらしいです。手宮の、馬による入れ換え風景など、貴重なシーンも拝見できました。

なお、講演風景写真のブログへの掲載はJAM事務局殿より了解得ております。

| | コメント (0)

2010.07.02

私鉄のワフ

78m07031_800s

07d10807_800s06d11182_800s06d11214_800s



リンク先のブログ(庶茂内・雑記)で話題になったので、UPしました。

左の写真は、南海のワブです1978年に天下茶屋で撮影したものです。鋼製のワブと云えば、このようなタイプが各社に居たようです。近江鉄道などでも見かけたような気がします。キットは見かけたことが有りません。

左から2番目は、拙作のワールド製キット組立品です。クラフトモデルNo4に組み立て方を掲載しています。この手の木造タイプのキットは、エコーや、ワールド工芸から出ていました。

右2枚の実車写真はは栗原のワブ74です。やはり、ハンドブレーキのカバーが魅力的ですね。

以下、7月3日追加

続きを読む "私鉄のワフ"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧