2017.02.10

20系と客車の本の話題

Dscn3501_800s遅ればせながらトラムウェイの20系客車を入手しました。
上がトラムウェイのナハフ20で下がKATOの20系です。
正直言って、昨年の試作品を見たときは、心配でしたが入手した製品は、まずまずの出来具合でヤレヤレです。

続きを読む "20系と客車の本の話題"

| | コメント (2)

2015.12.19

サイト更新! 客車の写真を再アップ

32832_79m14507_800s久々に、Web本館の改訂を行いました。
ウェブサイト管理ソフトがクラッシュして、再構築するのに手間取っていました。もっとも、改訂と云っても、自宅サーバーの運用を停止したので、客車の画像データを、移動しただけなのですが・・・

続きを読む "サイト更新! 客車の写真を再アップ"

| | コメント (2)

2015.02.14

日本鉄道模型ショー in 京都

2015_jmra_kyotoトロッコ嵯峨野駅内で「第36回日本鉄道模型ショー in 京都」で、本日2月14日~15日に開催されています。ご近所だし、招待状も頂いたので早速出かけました。関西では中々見られないメーカーの製品を直に見られるでので、この機会にぜひお出かけ下さい!管理人は、モデルワム熊田貿易ワールド工芸トラムウェイなどを始め、各ブースをゆっくりと拝見しました。入場者には、JMRAカタログ2014年版(500円)を無料配布していました.数量限定かも知れません。カタログと言うものの、オリジナル写真に解説を添えた高橋脩氏の特集記事「DD13 DD51 DE10」だけでも14ページあり保存版です。

続きを読む "日本鉄道模型ショー in 京都"

| | コメント (2)

2015.02.07

35年前の磐越西線旧客の思い出

リンク先の庶茂内・雑記さんでは、最近旧客ネタを発表されていて、弊ブログでも当時のネガの捜索をしてみました。すると、想い出の編成2 として発表されている編成の車輌の撮影をしていることに気づきました。

332263_19800724_80m24932_s磐越西線225レです。しかも撮影日を確認して驚きました、なんと庶茂内さんの撮影日の前日1980年7月24日ではありませんか! 客車にカメラを向ける人が少ない中、なんたる偶然。しかし、管理人の撮影メモには225レの記載が無く確証がありませんでした。そこで先輩T氏に編成メモが無いか問い合わせてみました。
Dscn9613_800sこの旅行は、珍しく同行者が居たのです。管理人が北海道旅行を計画した折、先輩のT氏が折角だから、東北~津軽鉄道も寄っては?との提案で、T氏と同行する事になり実現したものです。当時大阪に住んでいたので、関西線経由で東京に行き、佐倉、茅ヶ崎でスエ38を撮って、八王子、立川と乗りつぶしを行い、上野からあずま3号に乗車して郡山で客車の履歴簿を閲覧、Dscn9614_800s_2その後オハ31の残る津軽鉄道を訪問した後、T氏と別れて、私は渡道すると云う行程です。北海道でも旧客三昧の本当に楽しい旅行でした。当時の時刻表を見ると、表紙には「冷房の有る臨時列車一覧」などの表示も有り時代を感じさせます。

続きを読む "35年前の磐越西線旧客の思い出"

| | コメント (2)

2013.08.28

2013年JAMコンベンション(その3) お買い物編

Jam2013_14_13n08535今回買ったのは、これです。。。
かさばりましたが、金額は知れています(笑)
左上から時計回りに、エリエイのブースで求めた、マルチツリーセット、ミニネイチャー(ポプラの枝葉・新緑)、杉山の人形、シモムラアレックのプラ切削工具、アクラスのマニ36ジャンク、トラムウェイのオハ35用下回りキットです。

続きを読む "2013年JAMコンベンション(その3) お買い物編"

| | コメント (2)

2013.02.24

阪和線に旧客が居た頃

Jtrain_no49みのるさんのブログで「はやたま」の話題が出て、懐かしく拝見致しました。折しも、Jtrain誌で「夜汽車の時代Ⅰ1980’s」と題した特集がNo.49号で組まれて、寝台付き夜行普通列車が紹介されています。

当方も、稚拙ながら写真を撮っていたことを思い出して紀行文風にまとめてみました。ご笑覧下さい。他に、早朝の大和川橋梁の写真(これも画質悪し・・・)が有るはずなのですが、まだ発見していません。

続きを読む "阪和線に旧客が居た頃"

| | コメント (8)

2010.04.08

1980年札幌 急行「狩勝」

最近のスキャン画像からの1枚です。
80m28805_800s なかなかうまくスキャン出来ず苦労しています。ホルダーを改造するとピントが合いやすくなることに気づいたので、またまたやり直しです。

1980年8月5日の札幌駅に到着した、急行「狩勝」編成です(ネガNO.80M28805)です。撮影はホームを下りて行っていますが、許可を得ています。この頃は、簡単に許可をもらえましたが、今どきは難しいでしょうね。
この後、一両ごとに撮影しています。画質は悪いので、もう少しきっちりと撮っておけば良かったと後悔しています、での形態分類などには役立ちます。

80m28917_800s

この頃は、客車区めぐりをしていて、北海道と東北はから大体まわりました。でも、就職してしまい、九州は行けずに終わってしまいました。結局、北の方ばかり行き、南の方は手薄で、蒸機といっしょで、当方の「北海道好き」はこんなところにも表れています。現車の写真も撮りましたが、客車履歴票と云うモノが有って、これを片っ端から撮影して歩きました。オハ35249の画像です。更新修繕や、防火対策、北海道対応改造などいつ行われたか、大体のことが分かります。でも、模型を作るには、現車の写真が一番です。

| | コメント (2)

2010.03.07

プラ製スハ32系発売に当たって

アクラス、天賞堂とスハ32系客車が相次いで発売されました、それぞれに特徴が有りますが、当方はアクラス製を購入しました。もちろん、13mm(JM)の改軌パーツが用意されているからです。模型自体のインプレションは、リンク先のブログ(庶茂内・雑記でキーワード国鉄の車両(1/80)選択 )に詳しいです。

32405_80m20826_800s

実物の写真も一杯撮っているのですが、中々整理出来ていません。まずは1980年に撮影した一コマをUPします。夏姿で、二重窓の窓枠などが写っています。他に撮影したものが、弊サイトの自宅サーバーに有りますが、今夜当たりは起動しておきましょう。

10d0329_800s_2

アクラス製のスハ32では窓ガラスのフチが光るのがウィークポイントですが、簡単なイメ ージアップ方法を・・・写真は、窓ガラスの裏から、油性フエルトペンで目立たなくしてみました。使ったSAILORのAUNO2です。裏面のエッジ部を中心に塗っています。万一、窓に付いたら、アルコールで拭けば良いです。

<感想>
同一形式ですが、両社かなり味付けが異なります。個人的には、アクラス製の方が、デッキまわりの印象が良いので好みです。アクラス製は標準で、電暖のジャンパーが付いているのはマニ36を作る事も配慮しての事と思います。私は、削り取る予定です。電池箱は選択式で(大)を付けられるように付属していますので、そのまま使えます。発電機は標準的なモノですが、台枠部分を表現したエコー製を付けるつもりなので「北海道型」が設定されていなくてもOKです。その他、室内灯回路にスーパーキャパシタが付いているので、短時間停車なら「常点灯」を実現できます。DCCの場合はあまり関係ないかもしれませんが、ちらつかないのでやはり有利と思います。

| | コメント (2)