« 「VintageRails」誌 創刊! | トップページ | 12月24日夕張線、加悦鉄の話題 (12/31追記) »

2019.12.06

島秀雄記念優秀著作賞 決定

2019_dscn3389鉄道友の会の会誌「RAILFAN」誌の12月号に、今年の島秀雄記念優秀著作賞の受賞著作決定の記事が有りました。
4著作のうち、3冊を持っていたのでうれしくてつい・・・ もちろん、管理人からもお勧めする3著作です。

持っているのは、「定山渓鉄道」北海道新聞社、「地方私鉄1960年代の回想」OFFICE NATORI、「全国蒸機機関車配置表」イカロス出版の3つです。どれも、力作揃いです。「鉄道ファン」誌に掲載された「駅ナンバリング考」は、全号揃っていません(汗;)

 

● 単行本部門受賞
「定山渓鉄道」は、同鉄道研究著作の決定版と言える内容で有るばかりか、当時の北海道の状況が良く分かると云う意味でも出色のものです。未発表と思われる古写真をふんだんに使って解説しています。最近実用化されてきた「モノクロ写真の着色化」も取り入れていて、臨場感を盛り立てています。もちろん、正しくカラー化されているかどうか異論もあるかと思いますが、地元の人が見て違和感無いレベルになっているのだと思いますので、研究結果の一つとして見た場合には、意義の有ることは間違いないと思います。

●単行本部門 受賞
「地方私鉄1960年代の回想」は同タイトルのブログが有名で、そこから生まれた著作と言えます。しかし、名取さんと云うベテラン編集者が、まとめ上げたこの著作は、原板の魅力を120%引き出していて「やっぱりまだ紙の方が佳い」と思わせる仕上がりです。「資料」はデジタルの方が使い勝手が良いかもしれませんが、鑑賞するのは紙の本だと思っています。個人的には、北海道が含まれていないのが残念です。

●特別部門受賞
「全国機関車配置表」は、最近興味深い企画を続々と立ち上げているイカロス出版のものです。貴重な一次資料である現業機関がまとめていた配置表を、復刻した本です。これは、鉄道図書刊行会や交友社が発行していた配置表とは異なり、実務上の要求から運用に必要な装備品の区分け・標記も行っているのですが、これをそのまま復刻したものです。それに関連した写真を配して、解説を加えてありますので、単なる資料としてだけでは無く、読み物としてもお勧め出来る内容です。昭和6年、13年なども含まれていますが、まだ古典機が居た時代なのですね。そういったことに思いを馳せながら読むと楽しさ倍増です。

|

« 「VintageRails」誌 創刊! | トップページ | 12月24日夕張線、加悦鉄の話題 (12/31追記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「VintageRails」誌 創刊! | トップページ | 12月24日夕張線、加悦鉄の話題 (12/31追記) »