« 島秀雄記念優秀著作賞 決定 | トップページ | 書評2題 「ワム3500形式を探る」とTMS別冊 »

2019.12.24

12月24日夕張線、加悦鉄の話題 (12/31追記)

  今年も、この日がやってきました。。。
F4m00325_800s
言うまでも無く、世間はクリスマスイブのこの日、日本の現役蒸機の定期運用が夕張線で幕を下ろした日です。
そして、たった5日間の出来事なのに、管理人の一生を決定づけたかもしれないこの撮影行は、今でも昨日のように思い出すものです。


ここのところ、鉄道模型趣味界では、寂しい話が続きますが
今度は、加悦SL広場の閉園が検討されているらしいです。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/104905
あの1975年は、加悦鐵道に初めて訪問した年でもありました。何かと想い出の深い年です。

まだ、閉園が決定したわけではありませんので、みなさんで応援をしていくと、何か力になれる可能性もあると思います。
管理人が、2019年8月に撮影したものです。
101_19k80127キハ101 加悦鐵道自社発注の、片ボギー気動車です。
現存しているだけでもスゴイのに、動態保存されているのは驚異的です。
これが維持できないとしたら、日本鉄道趣味界としても恥ずかしいことと思います。
などと、言いながら微々たる貢献(塵にもならないか)しかしていない自分が情けないです。
与謝野町文化財に指定。

3_19k80013 加悦鉄ハブ3 好ましいタイプで、古典好きなら1両は欲しい?
与謝野町文化財に指定。産業考古学会産業遺産に認定。


10_19k80118 加悦鉄ハ10 台枠が特徴的な「トラス構造」となっている、貴重な個体。
客車で、この形状を残している保存車は無いのでは?
与謝野町文化財に指定。産業考古学会産業遺産に認定。


103_19k80028東洋レーヨンの入替機  元長門鉄道101
好ましいポーターのC型機


加悦鉄ワブ3
3_19k80133 このような貨車を、しっかり保存している会社は少ない。
日本でも、2~3台しか無い中で、もっとも大切にされている個体。
与謝野町文化財に指定。産業考古学会産業遺産に認定。


2047_19k80115 国鉄ヨ2000。これは、加悦鉄在籍履歴無し。
しかし、これだけメンテナンスが行き届いている個体は、貴重です。
貨物全盛時代の重要な証人です。



保存会の状況は、次の公式(?)ブログで
よしひろの修繕日記2
特定非営利活動法人 加悦鐵道保存会




以下の記事は、別記事に移行させました。
●TMS別冊
● 「ワム3500形式を探る」入手



|

« 島秀雄記念優秀著作賞 決定 | トップページ | 書評2題 「ワム3500形式を探る」とTMS別冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島秀雄記念優秀著作賞 決定 | トップページ | 書評2題 「ワム3500形式を探る」とTMS別冊 »