« 大夕張カレンダー2019年 | トップページ | 12月24日の話題(その2) +C53の話題 »

2018.12.25

12月24日と珊瑚模型の想いで

20181224_dscn9986日付が変わってしまいましたが・・・
あの日を思い出す日がやってきました。
現役蒸機アルバムの最後のページです。こんなアルバムを使っていたのですね~ そんな事も遠い思い出です。
あの時の夕張線の印象は、やはり大きく、私のその後の趣味生活を決定づける1週間だったのです。

珊瑚模型の想いで

_dscn9658昨日23日は珊瑚模型の最後の営業日でした。JM蒸機キットの唯一のメーカーでしたので残念な事です。23~24日と、連続して思い出深い日が連続する事となってしまいました。
写真は、11月に訪問したときのものです。夕闇迫る町に、オレンジに光るテントが、砂漠の中のオアシスのように見えたのは私だけでしょうか?
_dscn9661そして、ワクワクして登る急な階段・・・
訪問した人だけが味わえる特典です。踊り場で、ショーケースを長間ながら一呼吸。扉を入って来意を告げると、夢の空間でした。最後かもしれない、空間をゆっくりと愉しみました。JMのキット在庫はあまり有りませんでしたが、160型を購入しました。それにパーツを、色々と!
もう忘れていましたが、私がお送りした大夕張No.4の保存機の写真がなんと、アルバムにしてみなさんに見て頂けるようになっていたのです。記念に引き取らせて頂きました。こんなに大切に保管して頂いて光栄でした。


その場に居合わせた知人と記念撮影などしているうちに、閉店時間になりました。帰り際の挨拶は、またお願いします・・・ と、再訪を約して辞することとなりました。来年、再開されることを楽しみにしたいですね。

その後・・・
_dscn9988沼尻の車輌は、以前から気になっていて、DC12だけ持っていました。
ふと、近隣の模型店のショーケースに有るのを思いだして、連なる仲間を揃えました。レイアウトモデリングの記事を見て、サハ9らしきものをペーパーで製作したのが、私のナロー車輌の最初でした。なので、ずっと気になっていたのですね。キットを手元に置いてないと、落ち着かないモノなのです。困った性分です。

|

« 大夕張カレンダー2019年 | トップページ | 12月24日の話題(その2) +C53の話題 »

コメント

こんばんは。
図らずも珊瑚模型の閉店と言う想い出の日付が増えた年になってしまいました。

思えば学生時代に一度だけ訪れてから30数年ぶりに再訪したのも、JMの9600キットが欲しかった為でした。その後、お誘いいただいた事もあって訪問する機会も増えていた所の今回の告知。JM蒸機キット唯一の発売メーカーだっただけに残念に思います。

沼尻シリーズ!増えてしまいましたね。 smile

投稿: 庶茂内みのる | 2018.12.28 21:36

庶茂内みのるさま

JMで「戻れない道」が完成するのを楽しみにしていたのですが・・・ まだ、可能性はあるかも。
いずれにせよ、日本型レイアウトは、JMかHO1067で作りたいですよね~ キハ421がレイアウトで走るのを見たいですもの(笑)

投稿: 廣瀬 | 2018.12.29 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大夕張カレンダー2019年 | トップページ | 12月24日の話題(その2) +C53の話題 »