« 新刊 函館本線C62 スワロー・エンゼルと「甲組」の証言と運転会報告 | トップページ

2018.10.17

1982年の美深

_82m09928_800s客貨車区当直日誌さんで美深の話題がUPされたので、協賛企画です。
まずは、跨線橋の別アングルです。
2007年には、窓サッシが入っているようですが、1982年には入っていなかったと思います。北海道でも、昔は窓ガラスが無い跨線橋が少なく無かったように思います。

_82m09929_800sその、跨線橋から俯瞰した駅本屋です。広々とした駅構内です、写真の左手の方には、材木が集積されていて林業の町を感じさせます。これは、旭川方です。


__82m10003a駅前には、もちろん日通営業所が有ります。営業所となっていますので、地域の拠点だったのでしょうか?中規模の駅前には、必ず有ったようです。 背後には農業用倉庫があります。道北では珍しくレンガ造りのようです。木造の建築物が多い中、防火対策を重視したのでしょうか?
__82m09932_800s
跨線橋からの俯瞰です。稚内方です。左手には、様々な様式の農業用倉庫と思われる建物が並びます。恐らく、以前はこれらの倉庫の前にも線路が有ったのでしょう。1982年時点でも、多くの貨車が留置されていて、まだまだ車扱いの貨物輸送が行われていて頼もしい限りです。

すぐに、美幸線に乗り継いでいますので、滞在時間は10分程度だったように思いますが、頑張って、45コマぐらい撮っています。

|

« 新刊 函館本線C62 スワロー・エンゼルと「甲組」の証言と運転会報告 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新刊 函館本線C62 スワロー・エンゼルと「甲組」の証言と運転会報告 | トップページ