« おおさか鉄道模型バザール | トップページ | 第19回 国際鉄道模型コンベンション(その2:物販) »

2018.08.18

第19回 国際鉄道模型コンベンション(その1:イベント)

Jam_dscn8024久々にJAMに行ってきました。
出展会社、個人出展もかなり多そうで、楽しみです。

見逃しが、心配? です。

_dscn8101まずは、11:40からの鉄道模型功労者表彰式です。
表彰者は松本 謙一氏です。
写真集「煙」の出版から50周年の今年に、受賞が決まりました。
月刊「とれいん」誌の発刊や、数々の鉄道模型に関する功績を讃えての受賞です。合わせて、講演も行われて、レイアウト制作と実物写真撮影の関連性

8100_dscn8111に関する発想方法など、興味深い内容でした。しかも、氏の未発表作品・・・しかも蒸機の話などが飛び出し、あっという間の講演会でした。
そう、8100を制作されておられたのです! 氏の初めての渡道は「炭砿に残る古典機の撮影」だったのは、これまでのパイプスモーキングなどで、その片鱗を語っておられましたので、存じ上げていましたが、完成されて居られたとは・・・ 写真は、初公開とのことです。制作後に、永年「テンダー」と「エンジン」が別々の場所に保管されていて、このたび「発見」されたそうです。 そもそも、氏の代表作「犬と9600」は、豊富駅の日曹炭砿の機関車です。「とれいん」創刊号の表紙の機関区風景は、地方私鉄・・・それも、北のテイストが漂う、私鉄風景をモチーフにしたモノなのですね。 模型の、メインは、幼少期から慣れしたんだ、アメリカ型ですが、写真やそのモチーフは、日本の風景が下敷きになっているようです。

_dscn8052「ポータ亀の子」の1/1模型です! しかもライブです。会場は火気厳禁なので、エアー駆動となっていました。もちろん「乗れます」、整理券は、たった200円です。2019年のカレンダーも買えます!


Ho_dscn8033倶知安駅の「HOスケール」レイアウトが出現しました!

★来年の「鉄道模型芸術祭」
 第4回 池袋 鉄道模型芸術祭の日程が決まって、出展者の募集が、NPO「日本鉄道模型の会」ブースで行われていました。
 日程:2019年3月23日~24日
 場所:東京芸術劇場(池袋)

作成中ですが、敢えて公開状態にします。(2018/8/19 1:16

|

« おおさか鉄道模型バザール | トップページ | 第19回 国際鉄道模型コンベンション(その2:物販) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おおさか鉄道模型バザール | トップページ | 第19回 国際鉄道模型コンベンション(その2:物販) »