« 第2回池袋鉄道模型芸術祭(本日:26日も開催) | トップページ | 謹賀新年2018年 »

2017.12.24

12月24日の話題

__dscn6159今年も、管理人にとっては、特別なこの日がやってきました。
夕張駅で見送った、D51241は、今でも目に焼き付いてます。
40年以上前の事なのですが、蒸機好きにとっては忘れられない日ですね。今年は、うれしい本が出ました。「蒸機の時代」No.70の特集が「北海道/夕張の煙」なんです!

残念ながら12月24日の写真は有りませんが、なんと60ページに亘って、夕張線をはじめ、運炭鉄道の「何気ない風景」が満載です。決して景勝地では有りませんが、蒸機の息遣いが伝わってくる珠玉の作品と思います。「蒸機の時代」の空気を感じるのには、このような作品こそが求められるものだと思います。夕張線の他、北炭真谷地、美唄、三美、美流渡が並びます、「運炭鉄道」に興味をお持ちの方は、必携です。

96a_dscn6184さて、2017年は、色々とあって、このブログの更新もままならない状況でした。振り返ると、模型もほとんど完成せず・・・
それでも・・・或る人から、「腱鞘炎で手が痛くても軽くて良い半田ゴテがある」と紹介されて、腱鞘炎が小康状態の時に、珊瑚模型の新キューロクの北海道タイプAを着手してみました。もちろんJM(1/80 13mm)です。手前は、組立中の珊瑚200形(JM)です。

_dscn6186写真のように軽快なスタイルです。100g台の軽いコテで、こんなもので出来る訳が無い、と忘れていたコテですが、20W/130Wの切り替えで、SWを押すと、台枠のスペーサーでも難なくハンダ付け出来てしまう優れものです。
これは、腱鞘炎で無くともお勧め出来ます。コテ先が細いため、細いボイラーの中も簡単に届きますので、ドームやハンドレールノブも楽々です。
ただ、SWを押した状態では130Wですので、コテ先の色が赤くなるほどの高温になるそうですので、要注意です。私は、ピストル形を使っていますが、通常の「棒形」ですと、コテ台に不用意に置くと、赤熱するリスクが高いです。

コテ先は、太くて平らなモノに交換しています。
ヤスリが使えないメッキ品なので、コテ先クリーナーもお勧めです。
 白光(HAKKO) ハッコープレスト 985-01  ¥ 2,300ぐらい   
 白光(HAKKO) ハッコープレスト用 交換こて先 980-T-D  ¥ 410ぐらい
 白光(HAKKO) こて先ポリッシャー ケミカルペースト FS100-01 ¥ 500ぐらい

|

« 第2回池袋鉄道模型芸術祭(本日:26日も開催) | トップページ | 謹賀新年2018年 »

コメント

こんばんは。
このところ少々忙しく本はTMSを買っただけで、他は全く気にしていませんでした。蒸機の時代No.70、これは嬉しい情報をいただきました。買わないと後悔しそうです。

腱鞘炎、お見舞い申し上げます。

投稿: 庶茂内みのる | 2017.12.27 00:12

みのるさん
「蒸機の時代」を見ていると、まだまだ知らないアングルがあるな~ と新鮮な気持ちになれますよ!

腱鞘炎は、なかなか手強いですが、この軽量ハイパワー半田ゴテで助かりそうです。温調形は、台枠などをハンダ付け仕様とすると、一旦温度が下がってしまいますが、これは「直前」に加熱できるので良いです。

投稿: 廣瀬 | 2017.12.27 03:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第2回池袋鉄道模型芸術祭(本日:26日も開催) | トップページ | 謹賀新年2018年 »