« 日本鉄道模型ショーin京都 2017 | トップページ

2017.03.26

第2回池袋鉄道模型芸術祭(本日:26日も開催)

_dsc_8403_800s東京池袋の東京芸術劇場にて第2回池袋鉄道模型芸術祭が開催されています。3月25日~26日の2日間で、明日も開催していますよ!
広報が行き届いていない様子ですが,公式サイトはこちらです。
 

池袋駅から徒歩2分の便利な場所です。まずは羅須地人鉄道協会のマフ・ポッターの撮影です!今回は、人車も連結されていて乗車出来ます! 1000円以上のカレンダー、記念写真集を買えば乗車出来るので、早速購入して乗車しました。
なかなか、模型の展示スペースに辿りつけません・・・

__dscn4235_800sシーナリー付きのレイアウトが数多く参加しているのが、この芸術祭の特徴でしょう。まずは、5Fのギャラリー2から。
レイアウトしわざ人の「クラム・ベイ」もいいいよPart6で完結です。私から見たら120%の仕上がりですが、作者曰く、まだまだ完成では無く、まだまだ追加・改善する予定とのことです。もう一点は「水槽レイアウト」と云うアイディアで、熱帯魚用のアクリル水槽に、森林鉄道の庫が作り込まれています。
__dsc_8497_800s水槽用の照明がピッタリ(当たり前)で、往復運転を楽しめます。本日は、スローの効くシェイがしずしずと走行していました。どちらも、ウェザリング、人形などが、絶妙のバランスで効いていて、いつまで見ていても飽きません。


Dmc__dscn4234_800sDMCでは、軽便時代の小坂鉄道をモチーフとするレイアウトです。しかし、展示からは、「けむり」の南軽の影響を受けて、それを三次元で表現していくプロジェクトなのですね。レーザカットを駆使した、車両、ストラクチャーに圧倒されます。絶気運転が表現出来るDCCサウンドデコーダーを搭載した機関車が、往く姿には、ただただ見とれる始末です。スケール感とボリュームに圧倒されるレイアウトです。

Dmc_1_dscn4231紹介したい車両は沢山有りますが、撮影しやすい位置に止まっていたホニ1です。これも、レーザカットによる、フルスクラッチの作品です。これだけでも、鑑賞するのに20分ぐらいは要しますよ~ 恐るべし作り込み。

__dscn4264_800s数年前のJAMで、時間切れで、詳細を聞き損ねた、東京運転クラブの扇形庫のレイアウトを解説頂きました。これだけのものを、破損せず保管・運搬出来る、様々なアイディアが込められている事を、教えて貰いました。なんと、この扇形庫は、壁・屋根が全てバラバラになるのです。目から鱗の構造でした。

軽便鉄模アンテナ雑記帳 の関連ぺーじはここです。

作成中ですが、一旦公開します。

|

« 日本鉄道模型ショーin京都 2017 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本鉄道模型ショーin京都 2017 | トップページ