« TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売 | トップページ | 吹田のチ500 »

2016.12.07

ワム80000初期車の製品例

__dscn2901_800sさんのワムハチの話題に協賛記事です。
ネタを振ったものの、実物の参考写真は、43・10以前の話なので撮っている訳も無く、はて困ったと・・・ アクラスの完成品でお茶を濁そうという甘い考えです。
写真は上が「82400~82899」で、下が「8100~82399」です。いずれも「片ブレーキ」の登場時・未改造時代です。
ネットでは、この時代の写真になると、極端に写真が減りますね。

2016/12/8追記
客貨車区当直日誌さんに、便乗企画の記事が掲載されました。
 待ちに待った実物解説記事です。
http://maine38.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-bd33.html
http://maine38.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-97f9.html

__dscn2902_800s拘りの設計で知られるY氏の手によるものだと思いますので、下手な実物写真より確かでしょう!
床下は、番号による違いは無い様子です(逆向きで比べにくいですが)
無いのは「側ブレーキ・一式」「緊開表示装置」「関連手すり」の様ですね。
初期車は、2種製品化されていて、当方では迷わず、「8100~82399 登場時」と「82400~82899 登場時」を購入したわけですが、側扉の戸車が「内填」「外填」の作り分けとの事です。もちろん「蒸機時代」の再現のため43・10以前の「側ブレーキ改造前」を、合計4輌購入しています。もっとも、昭和50年までは蒸機が居たわけですから、改造後も買っておけば良かったのですが、ワム80000はそんなに沢山要りませんので、止めておきました。それに、ホビーモデルのキットは、大略83000~なので、欲しければ組めば良いと思っていましたが・・・いまだ完成ならず。280000~は昭和50年以降なので、蒸機時代では無いです。なのでKATO製は、走行性能は良いのですが、1セットだけしか買いませんでした。アクラス製も製品化されていません。

アクラス製品の取扱説明書の参考文献としては、とれいん誌No.81、82、とRM誌No.281~290がに挙げてありました。とれいん誌は、発売間もないホビーのキットを加工する記事が有り、自分もいつか・・・などと思っているうちに、各社から完成品が出てしまいました。
でも、こんな肩の凝らない工作で楽しむのも、悪くないような気が再びしてきました。腕のリハビリを兼ねて、組み立ててみようか・・・ 安楽マニアにはうってつけの題材です。

|

« TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売 | トップページ | 吹田のチ500 »

コメント

こんばんは、
私はホビーモデル製を2両配備していますが、KDカプラー装備と軸受けに難があって、休車状態です。
 当方もワム80000の話題に便乗させていただきました。
ご参考になればと思います。
まだ無くならないと安心していたら、2軸貨車が淘汰されて、僅かしか撮れませんでした。

投稿: みつる | 2016.12.07 21:37

軸受けの金具は良いのですが、固定方法に少々難有りかもしれませんね。「半田ゴテで焼きつぶす」と云うのが、案外うまくいかない原因かも知れません。今なら、ワールド工芸の軸受けに交換するのが良いかもしれません。軸受け+シュー+ブレーキテコを全て揃える場合、最も安価と思います。

いつでも撮れるし、旧客終わったら・・・ などと思っていたら、就職して時間が無くなり、気づいたら手遅れでした。
あれだけ見ていたのに。

考えたら、余程のローカル線で無いと、貨車をゆっくりと観察出来る場所は無かったので、チャンスが有ったら逃さず撮っておくべきだったのですね。まあ、模型化するわけでは無いのですが、実物ファンでもある管理人にとっては、残念な思い出の一つです。

投稿: 廣瀬 | 2016.12.07 22:54

廣瀬様
ワ10000では大変お世話になりました。
私の戯言から、こんな事になり反省しています。
さて次は何でしょうか? 全く反省なんかしてませんね(笑)。

ところで、このワム8、参考文献として、とれいん誌No.81、82、とRM誌No.281~290ということですが、鉄道ピクトリアルNo.589、これは駄目なん?

投稿: 広島工場 | 2016.12.13 21:11

先の書き込み後、もう一つ思い出しました。
画像は少々小さいですが、
プレスアイゼンバーン、THE rail No.11
30ページの国鉄貨車カラーメモリーは如何でしょうか。

投稿: 広島工場 | 2016.12.13 22:41

広島工場さん
電話で補足説明まで頂き恐縮です。
ピクトリアル、レイルは、忘れていました。どちらも、写真が多くてなかなか有用です。物資適合タイプは、初期車からの改造車が少なく無く、しかも側ブレーキ増設工事を行っていない個体の写真が数枚掲載されていて、目から鱗です。
久々に、プラキットでも組んでみたくなってきました。

電話で紹介頂いた、歯科技工用の「メジャーリングデバイス」も、日光台車のメタル挿入穴を加工するときに、便利そうです。検索したところ、一杯有ってどれが良いのか難しいです。ぜひ、お勧め品を教えて下さい!

PS
「ワ10000の次」はまだ具体化していませんが、ワールドさんから、なんとJM短軸車でワム2000が12月24~25日のさいたまのイベントで発売されます!
イベント後は、通販もあるかと思いますので、見逃せません。詳細は追って紹介するつもりです。今回は、三河屋さんでのとりまとめの予定はありませんが、JM拡販にぜひご協力下さい。

投稿: 廣瀬 | 2016.12.14 01:19

レイルロード 全盛期の国鉄貨車.1
上記の28ページ、これでどうでしょうね。

メジャーリーグデバイス、来春大阪へ行く時にでも手頃な物を数をまとめて持参しようかと思っていますが、急がれますか?

投稿: 広島工場 | 2016.12.19 16:23

灯台下暗し・・・ではないですが、この本に載っていましたね。しかも、きれいな初期車の写真です! 「急行」表示付きの個体ですね。

メジャーリーグデバイスは、来春の大阪で充分です。楽しみが一つ増えました!

投稿: 廣瀬 | 2016.12.19 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TOMYTEC「猫屋線」JMk車両発売 | トップページ | 吹田のチ500 »