« 京都・ボークスのイベント | トップページ | ワ10000(JM短軸仕様)キット到着 »

2016.08.01

ワ10000(JM短軸仕様)キットの試作見本

Photoワールド工芸さんにお願いしていた、セミオーダーのワ10000の試作品の写真が送られてきました。試組ですが、紹介します。8月中頃には、完成見込みです。ショップにご予約頂い方は、別途MAILでご案内していると思います。どんどん量産出来るほど売れると良いのですが、そこまでいくのはまだまだでしょうけれど、量産メーカーの手による製品化と言うことでJMの将来にとっては意義の有ることと思っています。

Photo_2下回りの写真です。面倒な短軸改軌の必要が無いキットが始めて製品化されたと思いますので、画期的と思います。要領よく簡略化された、台枠・パイピングは、作りやすい割りに、見栄えが良いのは、設計のセンスの良さだと思います。短軸なので、斜めから見たときの奥行き感が溜まらないです。これは、JM、HO1067、OJで無いと味わえないです。狭軌感が重要なのは、蒸機だけではありません!
まだ、管理人が欲しい一段リンクの予約数が商談中を含めても22台なので、企画スタート出来ていません。何はともあれ、ショップで予約しましょう!
なお、ショップでの二段リンクの予約受付は終了していますのでご了承下さい。

なお、今年のJAMでは、ワールド工芸さんでは、イベント企画品として13mm用軸受けセットを販売されるとのことなので、こちらもお忘れ無く!

2016/8/3追記
JAMのJMの話題は???
前述の二軸貨車軸受けのほか、EF15の試作品・現物が今度こそ出てくるのでは? 気になる方は、ワールドさんに問い合わせてみては、いかがでしょうか?

2016/8/5追記
ワールドさんのJAMのイベント情報に、このワ10000(二段リンク)が会場でも販売されることが告知されました。塗装済みの試作品の写真も掲載されています。当プロジェクトの予備分で、同一のモノでのでご注意下さい。ショップで予約されている方には、JAMまでにおとどけ出来るように、鋭意努力中ですのでお待ち下さい! なお、本品の予約・通販については、今のところ(少なくともJAM終了までは)ワールド工芸さんでは受け付けて居られません。

|

« 京都・ボークスのイベント | トップページ | ワ10000(JM短軸仕様)キット到着 »

コメント

こんばんは。遅くなりました。
いよいよ試作組み段階まで来ましたか~!?
おめでとうございます。happy01
下回りの写真は梁の引っ込み具合が何とも良い雰囲気ですね。一段リンク車プロジェクトも上手く進む事を祈っております。

投稿: みのる | 2016.08.05 00:36

みのるさん
良い感じでしょう!
改造しなくても、JMの短軸車が出来る、と云うのは画期的です。13mm~JMの歴史はずいぶん永いのに、これまで有りませんでした。後発のHO1067に遅れを取っていた?かもしれません。

ご予約頂いている、一段リンクは、まだスタート出来る台数になっていないので、少々お待ち下さい。。。
「もうちょっと」とも言える台数まで来ているのですがね。

ワ10000の全盛期を再現するには、やっぱり「一段リンク」です! それに、実物には無かったかも知れませんが、「私鉄払い下げ」を演出するなら「一段リンク」でしょう。管理人は、これまたフリーの「黄帯を巻いたワ10000」を作るのも佳いな、などと夢想しています。

ところで、EF15をもし買うなら、どんなタイプが良いのでしょう? 私は、詳しくは知らないので・・・

投稿: 廣瀬 | 2016.08.05 00:53

こんばんは。
1/80短軸貨車と言えばレジージャックのワム1がありましたね。繊細な構造に恐れを為して、いまだ罪庫になっていますけれど・・・。coldsweats02

2段リンク車はブースでも発売予定ですか!?
これは驚きました。この調子で一段リンク車も予約数が伸びれば好いですね。

>ところで、EF15をもし買うなら、
いろいろなタイプがありますけれど、たぶん人気は原型窓のPS14を乗せた一般型でしょうね。

個人的には、晩年の正面Hゴム改造後の高崎や長岡のEF15一般型で、モニタールーフの窓がHゴム化された3桁ナンバーの前半のPS15のタイプが発売されれば、即購入に走ります。ただ実際には、既に16番用キットは持っているので、デッキと足回りのJM交換部品セットが欲しいです。(^^;

投稿: みのる | 2016.08.05 22:47

レイジージャックのワムは、中々のものでしたね。2輌買いましたが、1輌は組みました。案外組みやすい良いキットだと思いますが、あの繊細なパーツには圧倒されます。「量産」かどうかは、判断が難しいですが。10輌以下と云うことは無いでしょうから、今時では「量産」でしょうか? 短軸車は13mm限定でしたね。台枠をあれほど作り込んだら、限定にしないと不可能ですからね。しかし、台枠をないがしろにしすぎているA車のキットは、最近のプラ貨車とも並べられないぐらいの形式も有るのが残念です。

JAMで販売するのは、残念ながら「追加生産」では無いと思います。すなわち、本企画生産時の、予備数的な数に絞られる予定です。でもJAMでこれを見て「一段リンクを予約しよう」と、三河高原鉄道さんのショップに予約してくれると期待しています。初回LOTを予約出来るのは、ショップだけですよ~

EF15は、特定番号機状態なのでしょうか?
JM化にあたって幅狭デッキにする場合は、相当種類のエッチング板を設計変更する必要が有るようです。
珊瑚さんでは、9600ですら、キットは種類を絞って製品化されています。種類を増やしすぎても、均等に売れず「一般的なもの」「特定の人気変形機」のようなモノだけが売れるだけだった、とのことです。製品となると絞り込みが難しいのでしょうね。絞り込むための、情報はメーカーも欲しいでしょうね~ でも、やっぱりJMでは「改軌パーツ」が欲しくなりますね。

投稿: 廣瀬 | 2016.08.06 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都・ボークスのイベント | トップページ | ワ10000(JM短軸仕様)キット到着 »