« 池袋・鉄道模型芸術祭 | トップページ | 謹賀新年2016 »

2015.12.31

池袋・鉄道模型芸術祭(B1・アトリエ偏)

Dsc_3438_800s年末は人並みに忙しくて、報告が遅くなりました。まずは、B1のアトリエでの展示を紹介しましょう。アトリエイーストに入ると「木曽大滝森林鉄道」グループのモジュール展示です。今回は、敢えてエンドレスを組まず、静態展示です。このため、ゆっくりと観察出来て好都合です。車輌も見せ場に、止まっているので、裏にも回れるようにスペースを取ってあったので、じっくり拝見出来ました。

Dsc_3426_800s奥が「NGJ」で手前が「アメリカンHOナロー」の展示です。そう広くないスペースですが、てんこ盛りの内容で、全てを紹介しきれませんので、まず2点。

Dsc_3504_800s小泉宣夫氏の「サンライズマウンテン鉄道」は、Oナローです。OスケールをA1というコンパクトサイズににまとめるセンスは感心するばかりです。お話しを聞きながら様々なアングルから拝見して、そのヒミツの一端を伺うことが出来ました。Dsc_3498_800sストラクチャーの奥行きを圧縮するなど、様々なアイディアを盛り込んで、このスペースでムリを感じさせないまとまりが素晴らしいです。TMS2009年1月号に掲載されていますので、解説はそちらを・・・
管晴彦氏の「遊園地パイク」は、遊覧鉄道をモチーフにした極小パイクです。遊園地などと云いながらも、地面表現に手を抜かず仕上げてあるのでじっくり拝見します。写真では分かりませんが、スピーカーが仕込んであって、ドラフト音が楽しめます。KATOのサウンドボックスで鳴らしていました。

Dsc_3550_800s銚子電鉄周辺実在のストラクチャーをモチーフにした、16番(J)小型レイアウトです。この完成度で、2分割にして可搬というのも凄いです。ストラクチャーは全自作で、モチーフにした実在建築物の写真も展示してあり、製作コンセプトが良く分かります。店先の、商品は細かいところまで作り込んで有り、楽しめます。にぎり寿司まで再現しています。

Dsc_3612_800sTMS2015年レイアウトコンペ入賞作品のリバーシブルレイアウトです。NマガNo.64(発売中・新刊)に掲載されているとのことですから、詳細はそちらに任せましょう。一般の人にも受けるようで、子供連れのお母さんが鉄ちゃんのDsc_3607_800sお父さんをほったらかして、見入っていました。



Dsc_3586_800s川越鉄道の、石炭桟橋モジュールは圧巻です。2011年JAM総会の展示会で拝見していましたが、あの時はゆっくり拝見出来なかったので、今度こそと思いましたが、てんこ盛りの展示で、まだまだ消化不良気味です。

Dsc_3561_800sモロさんの作品群です!
この楽しさは、現物を見ないと分かりません。人だかりが絶えないので、この写真も一瞬の隙を狙って撮影しました。

|

« 池袋・鉄道模型芸術祭 | トップページ | 謹賀新年2016 »

コメント

レポート拝見しました。
予想以上の盛況だったようですね。自分も行く予定はしていたのですが、家庭事情により取りやめにしました。

投稿: ヤマ | 2015.12.31 12:38

相武鐵道(追って報告予定)も出品されていましたので、いらっしゃるかと思っていました。物販無しでも、大盛況でした。特に、日曜の午後は、カメラバッグを持っていると身動きできないぐらいでした。

投稿: 管理人 | 2015.12.31 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 池袋・鉄道模型芸術祭 | トップページ | 謹賀新年2016 »