« 12月24日夕張線 | トップページ | 阪和線に旧客が居た頃 »

2013.01.01

謹賀新年

10n68657_800s謹賀新年

2013年元旦
本年も弊サイトをよろしくお願い致します。

写真は、2010.8.31のインドネシア・ジャワ島東部のOLEAN製糖工場の沿線です。乾期のジャワ島は、このような快晴に恵まれることが多いです。日中は煙がほとんど写りませんので、モノ足らない方も多いようですが、ナロー蒸機の最後の楽園とも言える彼の地は、管理人のお気に入りの国です。

|

« 12月24日夕張線 | トップページ | 阪和線に旧客が居た頃 »

コメント

あけましておめでとうございます
ジャワへは1993-96年にかけ4度行きましたが
もう初年から20年経つんですね..
何の縁かジャワのケインカーのキットを知人に頼まれて組んでいます

投稿: まーくん | 2013.01.01 10:03

まーくんさん
20年前は、まだ廃止・DL化・トラック化された工場も少なく、文字通り「パラダイス」だったと聞きます。毎朝、バガスの煙と蒸気で機関庫は煙っていたと伝え聞きます。その後、製糖工場が整理・閉鎖される方針が一度出されたため、蒸機は減っていったとのことです。当方が初めて訪問したのは「まだ残っていたのか!」と当時でも思った1999年でした。9回行きましたが、毎年「今年が最後かも」と思いながらの訪問でした。しかし、その後バイオエタノールでサトウキビの国際価格が急騰して、製糖工場共々生きながらえているらしいです。 まーくんさん作のケインカーのキットは、共通の知人を通して管理人も頂いたモノですね? ちなみにそのケインカーを、ジャワの製糖工場ではローリーと呼んで居られます。地域によって呼び名は違う様ですね。

投稿: 管理人 | 2013.01.02 01:56

LORIはネシア語(オランダ語?)で貨車なんです。
キットは私の作のものです。ただもうゴム型がダメになって鋳造できないタイプがあります。組み立ても昔は低温ハンダでしたが今回は瞬間で組みました。ただ冬場は瞬間も固まりにくいようで後の強度を考慮しても低温ハンダが正解なようです

投稿: まーくん | 2013.01.02 09:25

まーくんさん
なるほど「貨車」でしたか。なんでもローリーと呼ぶのかな? 例えば製品搬出用の有蓋貨車をどう呼ぶのか聞いておけば良かったです。
やはり、まーくんさん作でしたか。もう少し欲しいと思っていたのですが、難しいでしょうか?

投稿: 管理人 | 2013.01.02 15:16

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年末に、大好きなキハ35-900(トラムウェイ)を入手しましたので、改軌したいのですが、Oナローばかり組んでおりまして未済です。

EモデルのA氏は、小生の事を「ナロー(だけ)の人」と思っておられたようですが、実は、スパイクのメッキ前の車輪等、山のように罪庫している昔からの13mmゲージャーです。(完成品は少ないですが、一応…)

投稿: 穴熊 | 2013.01.02 21:33

穴熊さん
こちらこそよろしくお願いします。
こちらでは、初めまして、でしたよね。
13mm(JM)ゲージャーでいらっしゃいましたか!
トラムウェイのキハ35は、諸般の事情で購入しませんでした。900番代も店頭で見たところ、きれいな塗装でそそられました。屋根のカーブが違うなど指摘もあるでしょうけれど、プラ量産にそれを求めるのは酷でしょう。改軌は、DD13と同様の動力機構に見えますので、可能だと思います。きっと「狭軌の世界Ⅱ」にレポートがアップされるのではないかと期待しています(笑)

投稿: 管理人 | 2013.01.03 04:09

おめでとうございます。
大昔JMに改軌したものもありましたが、16番に戻しました・・・ってまあよくご存じのところですね。
今年もまた運転会でよろしくお願いします。

投稿: ヤマ | 2013.01.03 22:11

ヤマさん
本年もよろしくお願いします。
> 16番に戻しました・・・
その時のパーツが、うちに来てJM化へ加速することになりました。。。
1/87、G=12mmの1067mmを羨ましく思いながらも、安価(すでにKATOのプラ製品出始め)でパーツの豊富な1/80の道を続ける事に決心した頃です。その後も1/87の誘惑は続くわけですが!

いずれにせよ、16番という考え方(遊び方)は素晴らしいバランスですね。その恩恵をJMも甘受しております。

投稿: 管理人 | 2013.01.04 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月24日夕張線 | トップページ | 阪和線に旧客が居た頃 »