« ワールド工芸から、JM(13mm)ホキ2500発売 | トップページ | 12月24日夕張線 »

2012.08.19

JAM展示会2012

Dsc_5377_800sJAM(第13回 国際鉄道コンベンション)に行ってきました。
東京駅から新橋でC11を撮影してからゆりかもめでビッグサイトに向かいました。新橋のC11は新幹線の車窓から眺めるばかりで、撮影したのは初めてです。

Dsc_5406_800s数年前大阪で行われた時を除いくと、初めての見学です。
レイアウトや工具などの現物を見学・体験出来るのがこの種のイベントの一番のメリットです。クリニックも見逃せません。
19日に近隣で所要が有ったので、思い切って前泊して、18日と19日の2日間見学することにしました。

 

 

 
 

 

Dsc_5409_800s_4さて、入口を入ったところにIMONさんのブースがありました。そこで、人並みの隙間に数個のディスプレイが・・・ 近寄って確認すると、「HO」「HO1067」「HO762」と並んで、「JM」も有ります、加えて「J」も!


Dsc_5522_800s「JM」は1/80・13mmの呼称として、プロトサーティンクラブが提唱しているものです。賛同者は多く、弊サイトも賛同しています。「J」は1/80 16.5mmと表示されているように、16番のうち1/80を目標縮尺としているものを指します。主に日本型をターゲットとしているわけです。


Img_7746_800sImg_7745_800s_2「J」の初出は案外古くて、「とれいん」誌の253号です。
「JM」と「JF」そして「J」の背景に関してはは弊サイトのJM(13mm)情報のページの目次で、JM(13mm)雑感をたぐって、参照して下さい。JMを愛好している弊サイトとしては呼称「J」は、相性も良いと思っています。

Dsc_5476_800sレイアウトの報告は、他でも行われるでしょうから、ここは工具の紹介をしておきましょう。シモムラアレックさんののこぎりです。t0.15の薄刃で、これまでの同種のモノと「次元が違う」と云う噂を聞いていたので、興味津々でした。しかも、試し切りさせてもらえるとのことでブースをおじゃましました。沢山の種類が有るので、迷うわけです・・・ 金工用とプラ用が欲しかったのImg_7749_800sお勧めを試してみました。まず金工用です。押し切りと引き切りの2種が有るりました。「どちらが良いかは個人差が有ります」とのことですので、実際にNゲージの線路を切ってみました。私は「押し切り」の方が手になじんだので、これを求めました(写真下:品番AL-K22)。切り口は、ヤスリ仕上げが不要なぐらいです。プラ用はいくつか試した末、「レジン塊加工専用のアサリ出しを工夫した」と云う、品番:AL-K05を選びました(写真上)これなら、プラ車体をザクザク切れそうです。

他に当方がゲットしたものは、新刊書です。エリエイのブースで「レイアウト・ビルダーズ5」が発売されていました。JAM会場で購入して、松本謙一さんのブースへ行くとサインが貰えます!

今夜は遅くなったのでここまで

|

« ワールド工芸から、JM(13mm)ホキ2500発売 | トップページ | 12月24日夕張線 »

コメント

こんにちは、いらしてたのですね
私は撮影でEタンクに張り付いていました
あとは花井氏の講演、終了時間がおそくなったのでそのまま帰ってしまいました

投稿: さとう | 2012.08.19 19:30

さとうさん
ニアミスでしたね、あれだけの人数ですと、すれ違っても気づかない! かもしれません。もっともEタンクの周辺は撮影のじゃまになってはいかんと、自分の撮影時以外は通らないようにしていたので・・・

思わず、20~30コマ撮影したと思います、やはりナローは良いですね。

投稿: 管理人 | 2012.08.20 02:40

お疲れ様でした。
色々とお話ありがとうございました。
江若鉄道ー京阪石山坂本線3線軌道のお話、とれいんに
出ていましたね。

投稿: bireitor | 2012.08.21 23:56

bireitorさん
こちらこそ、有り難うございます。
3線軌条はおもしろいですよね~
人づてに聞いた話ですが、とれいん記事の作者も「16番でやってきたけど、3線区間が難しい」と悩んで居られたようです。16番とJMを並べる場合は3.5mmしか差が無く難し過ぎるので、ポイントはダミーであきらめるのも一つの楽しみ方でしょうね。管理人はJMをやりますが、このような楽しみ方も有りと思っています。博物館模型では無いので、分かって愉しむ分には構わないと思います。

日本型では模型化の例は少ないようですね。フログまわり工作の技術的(規格的)な困難さもあると思います。北米のSTD対ナローように16.5対10.5のように6mm差が有ればフログあたりの製作も楽で、製品も有ります。しかし、日本型は広軌対標準が1/87で16.5対12が4.5mmしか有りません。JMなら18対13で5mmです。スケールでも、案外厳しいのかもしれません。
管理人は、本線系ではやる予定は無いですが、トロッコ線で9対6.5はいつかやってみたいと思っていますが、これまたポイント稼働はムリかも・・・

投稿: 管理人 | 2012.08.25 04:14

あ、それで当日小生勘違いしていたことがあります。
江若鉄道について良く研究されていらっしゃる方
T氏は実車のみ、N氏が両方、模型も製作されて
いらっしゃいました。
帰ってからとれいん誌みて
確認しました。
失礼!

膳所~浜大津間は1435と1067が分岐で
完全に分かれていくからなんとかなりそうです。
難しいは分岐の両方共3線というポイントですね。

Nゲージの方ですが、Nのフレキの内側に
なんとか敷いてみました。
ただ走るかどうかは??です。

投稿: bireitor | 2012.08.26 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワールド工芸から、JM(13mm)ホキ2500発売 | トップページ | 12月24日夕張線 »