« 謹賀新年2012年 | トップページ | TMS「デジタルサウンドマニユアル」を読んで »

2012.03.17

「模型センターきりん」閉店か?

2012_800「きりんさん」の愛称で親しまれてきた、大阪・千林の鉄道模型専門店「模型センターきりん」の店頭に「閉店致します」との告知されている、と友人から教えられて、先週挨拶に行ってきました。

行ってみると確かに2012年3月31日(土)を以て閉店するとの旨のパネルが、ショーウィンドウに掲出されています。管理人も、大学時代からお世話になってきた、関西随一の老舗の閉店が現実のものとなりそうです。完成品、キットはもとより、パーツの品揃えに定評が有った、「きりんさん」は工作する者にとっては、頼りになる存在でした。管理人は、卒業後も毎年のように、パーツの仕込みに通いました。やはり、現物を見て選べるのが、お店で買う利点です。特に同店の陳列が、パーツの種類ごとに整理されるようになってからは、同種の他社パーツと見比べて目的に近いモノを選べるので大変重宝していました。

同店で購入した模型は多いですが、中でも珊瑚模型の古典体系8100は、思い入れの深い作品です。なんせ、当工場のJM蒸機の1号機(着手基準で!)です。もっとも、完成したのは、25年後だった、と言うオチが有るわけですが・・・

最終日まで、通常営業で特別なセールも予定はされていないようです。そのあたりも「きりんさん」らしいな~ とうれしいところです。先週、伺った時も、元気そうにされて居られて、4月に入っても、「また始めました」なんて、お店を開けているような勢いでした。以前から、後継者を捜して居られたので、案外目鼻がついたのかも?などと妄想しています。

先週は、所用で時間が無く、DD54を購入して帰りました。もう一度パーツを眺めに行きたいですが、叶わないのでしょうか???

|

« 謹賀新年2012年 | トップページ | TMS「デジタルサウンドマニユアル」を読んで »

コメント

ご高齢なのでいつかはと思っていましたが、
いよいよですか。
パーツの宝庫が無くなるのは寂しいですね。
在庫品の分類がユニークでしたね。
ほとんどの在庫の場所を把握されていたのはすごいです。
パーツ番号を言ってもわからなかったのには
ちょっと驚きましたが。
また一つ名物店が消えてしまいます。

投稿: 初瀬春日 | 2012.03.17 07:25

初瀬春日さん
そうなんですよ、番号では管理されてないので、見つけるのは大変なのです。でも、ちゃんと欠品はマメに発注していて、メーカー切れでなければ「必ずある」と言って過言では無いのが凄いところです。京阪神でパーツの揃う店が、もう2~3店しか残っていないです・・・

投稿: 管理人 | 2012.03.18 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年2012年 | トップページ | TMS「デジタルサウンドマニユアル」を読んで »