« 軽便祭おみやげと京都ミニOFF | トップページ | ブラジル製の古典機・古典客車(その後) »

2011.11.07

ブラジル製の古典機・古典客車

04d01134_800s以前購入したブラジル製の、コンソリと客車です。客車の方をもう2~3両欲しい思っていましたが、見つけられませんでした。ふと、リンク先の高急モデルノート2にうり二つの「客車導入」の記事が有る(2011年11月03日)ではないですか!

11d11052_800s早速、本日比べてみました。やはりブランド名が違うだけで、金型は同一と思われます。写真の一番下が、ブラジル製、中央が「CON-COR」、一番上がブラックストーンのスケールモデルです。やはりかなり大柄で1/80~1/78と言ったところです。うちでは、13mmに改軌してJM(1/80)と見立てています。

11d11055_800s_2とれいん誌No.72の開拓使号の図面と並べても、一回り大きいぐらいです。写真では、車体の幅の分レンズに近いのでより大きめに写っています。



アメリカでも、16番のようなイメージで楽しんでいる人も居て、スケールモデル至上主義ばかりでは無い事を再確認して安心した次第です。16番の資産を主に利用したJMで、しかも16番の思想をそのまま受け継いだようなモデリングをしている管理人は、ほっとします。とは言え、ブラックストーン製のスケールモデルには、別の魅力が有って、HOでスケール統一した世界は、あこがれの世界で有ることに変わりないです。

結局、今回ヤマさんはオークションで入手されたとのこと、追加導入を狙っていた管理人は、がっくり・・・(笑) 彼の地で再発売を待つばかりです。

|

« 軽便祭おみやげと京都ミニOFF | トップページ | ブラジル製の古典機・古典客車(その後) »

コメント

こんばんわ。
こちらでは初めまして。

CON-CORの客車ですが、あちらでは在庫あるようです。
多くのショップで$28前後ですが、下記のショップではセール中で、約$15です。
鉄道名、車体色のバリエーションは全20種類あります。

ここでこれまで2回取引完了していますが、トラブルが起きたことはありません。
1週間前に3回目の注文して到着待ちしているところです。

http://www.modeltrainstuff.com/SearchResults.asp?Search=Con-Cor+old+time+coach&Search.x=12&Search.y=12

投稿: 18900 | 2011.11.09 20:06

18900さん
早速情報有り難うございます。
もうすでに、発売されていたのですね。
早速注文致しました。

投稿: 管理人 | 2011.11.09 21:45

> やはりかなり大柄で1/80~1/78と言ったところです。

CON-CARとブラジル製はHOゲージですか?
手持ちに資料からブラックストーンのプロトタイプの全高、全長と1890年頃のスタンダードゲージの客車のそれらの比はどちらも概ね1:1.2です。
CON-CARとブラジル製はスタンダードゲージの客車とすれば、あながち1/80ないしは1/76のオーバースケールとはいえないと思います。

北炭の客車はサブロクゲージといっても3フィートゲージの客車と同じようなサイズであることは良くご存知かと思います。

> アメリカでも、16番のようなイメージで楽しんでいる人も居て、スケールモデル至上主義ばかりでは無い事を再確認して安心した次第です。

CON-CARやブラジル製客車をスタンダードゲージとすれば、その認識はどうでしょう?

投稿: railtruck | 2011.11.10 11:10

railtruckさん
こちらでは、初めまして、でしたね?
コメント有り難うございます。

なるほど、大きさの比は概ね1:1.2なのですね。
プロトタイプがスタンダードゲージとすると、オーバースケールとは言えないですね。

私は、次の2つの話から、ナローがプロトタイプと思っていました。

ブラジル製の箱にはHOと書いてはありますが、プロトタイプをブラジルに求めた場合、どうもメーターゲージらしいです。細部の形態は全く違うのですが「メーカーサイトではそのつもり」なフシが有ります。また、アメリカ型に詳しい方の見立てでは「デッキの幕板が円弧を描いているのは、ナローゲージに多いので、大きさを除けば3フィートの客車に見えてしまう」との事で、どうやらナローの客車の写真でも見て、形状を設計したのでは? と感じた次第です。しかし大きさは、スタンダードゲージの客車の模型を見て設計した・・・ なんてストーリーを夢想しています。
設計者に確認したい気分ですが、それが誰か知るよしもない、と言ったところです。

いずれにせよ、1/80の日本型と並べて遊ぶには、案外違和感無く楽しめるのでJMの改造ネタにはうってつけです。
いつか、1/80で正調北炭客車を作ろうと思いますが、図面を見ると、かなり小さいですね。762mmの客車でも大きいモノなら負けそう、って感じです。

投稿: 管理人 | 2011.11.11 03:33

こんにちは。意外な広がりになってしまったCON-COR客車ですね。
CON-CORとROUNDHOUSEとBlackstoneの3種類の寸法を測ってみました。
http://kokyu.sblo.jp/article/50209440.html

実物の大きさからはどうなのかということで、以前にrailtruckさんからご教示いただいたCar Builder's Dictionaryサイトの中にあった木造ダブルルーフ客車でそれらしい図面をさがしました。↓
http://www.archive.org/stream/cu31924032183513#page/n274/mode/1up
スタンダードゲージの客車で、屋根長57'5"屋根幅10'1/4"と読めます。このくらいの大きさをプロトタイプとして1/87でつくると、屋根長約205mm屋根幅約35mmとなり、CON-COR客車より一回り大きくなります。実物でもう少し小柄な客車があったのなら、CON-COR客車も1/87ということになるかもしれません。
ナローがプロトタイプとすれば、HOとしてはオーバースケールですが、スタンダードがプロトタイプとすれば、HOとしても問題ない大きさと思われますが、いかがでしょうか。

投稿: ヤマ | 2011.11.12 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軽便祭おみやげと京都ミニOFF | トップページ | ブラジル製の古典機・古典客車(その後) »