« 写真展「鐵樂者展」開催のお知らせ | トップページ | 円切りカッター »

2011.08.19

高橋弘様が亡くなられました

Photo悲しいお知らせです。

京都近郊を初めとして、戦後の鉄道写真に数えきれない作品を残してこられた、わが京都の大師匠、高橋 弘さんが一昨日(8月17日午前0時53分)亡くなられました。お通夜は本日(8月19日)行われました。告別式は8月20日10時から次の場所で行われます。
場所:公益社中央ブライトホール:東山区五条橋東三丁目390番地(075‐551‐5555)。

本業は、写真店経営で出張撮影・現像・引伸しなどをこなされて居られました。私の様な若輩者の現像も引き受けて頂いたこともあり、色々とご指導を受けたのが、何ものにも代え難い思い出です。プリントして頂いた写真も数多く、宝物です。
ご子息も、鉄道ファンで活躍中で、後進の育成も率先して行われました。氏の発表された写真の片隅に、ご子息が写っているものも見受けられ、鉄道ファンの教育は「こうあるべし」と感じさせるものでした。(もっとも、私は子供が居ないので実践できませんでしたが)
これからは、天国からご指導頂けるのでは、と信じています。

ご冥福を祈ります。

|

« 写真展「鐵樂者展」開催のお知らせ | トップページ | 円切りカッター »

コメント

管理人様

お忙しい中お越しいただき有難うございました。
写真に写っているネガカバーはほぼ末期の物です。
この前のネガカバーは同じくプラ製になっていましたが、台紙がオリジナル(タカハシ写真店オリジナル)の物でした。2003年になるとほとんどモノクロ現像もなくなってしまった時期ですね。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: たかはし おさむ | 2011.09.02 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展「鐵樂者展」開催のお知らせ | トップページ | 円切りカッター »