« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.05.20

模型のような風景(03):天竜二俣機関区

天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅に隣接して旧国鉄時代からの施設が保存されています。
2002年に訪問したときの写真です。平成23年1月には、天浜線全線にわたり31施設が新たに国の登録有形文化財に登録され、合計36施設が文化財となりました。この機関区の設備もその文化財の一部です。一時見学が中止されえいましたが、現在は金・土・日・月・祝に見学ツアーが開催されています。詳しくは同社のサイトをご覧下さい。

02c01210_800s模型化に好適なサイズの転車台です。ツアーでは、動かすようです。




02c01211_800s恐らく現在も活用中なのだと思います。木造扇形庫で、現役なのは国内では唯一では無いでしょうか?

 

02c01222_800s機関区詰め所です。2002年当時は、ここで記帳して見学させて頂きました。まるで「蒸機時代」の気分でした。これも木造で貴重な存在です。

02c01227_800sこの小屋は、ポンプ小屋です。給水塔がかなり大規模なので、立派な小屋となっています。

         

08d07073_600s●さらに、ここには貴重な車両が良好な状態で保存されています。弊サイト掲示板にも告知しましたが、天竜レトロ・トレインクラブのキハ20とナハネ20です。今週末の21日22日には室内見学も出来ます。 外観の整備はもちろん、室内まで整備している「博物館」級の貴重なものです。週末は、合わせて見学が出来るチャンスです。なお、駐車場は有りませんので天竜浜名湖鉄道をご利用下さい。

他に、駅前向かいの講演にはC58も保存されていますので、かなり楽しめるエリアです。

| | コメント (2)

2011.05.02

模型のような風景(02):倉吉機関支区その2

F2m00508_800sF2m00513_800sさて、倉吉駅の写真を5枚ほど追加しておきます。給水塔の別アングル全景です。タンクへの配管は2本とも外側を通っています。このへんが北海道などの寒冷地との差でしょうか?残念ながらスポートはちょうどC11の陰になっています。給炭台に併設されていたの近くで撮ったものが無いので、小さく写っているものをトリミングしてご紹介します。

F2m01217_s倉吉線線用ホームの全景です。雨にけむる夕方なのでちょっと不鮮明です。機回し線がそのまま機関庫に突っ込んでいるのですが、それは写っていません。ホーム上屋が「本線用」と「支線用」で途切れているのがおもしろいです。ホームが雨で光っているので、良く分かります。

F2m01024_800s_3

機関支区の詰め所かどうか分かりませんが、隣接して有った建物です。比較的近代的な作りですが「昭和40年代の作風」って感じでしょうか?このあたりも詳しい方のご教示が欲しいところです。百葉箱、雨量計、建物の屋上には風向計が見えます。きっと風速計も有るのでしょうね。

F2m00521_800s_2

最後は、駅の全景です。左端は、機関庫の裏側です。画面右手には、保線区の上屋(近代的なスレート)も見えます。TMS526に発表された技工所と見られる建物は、画面中央に小さく写っています。知っていたらアップを撮っていたのですが・・・ 同号のp32に宗宮和男氏の写真が有りますので、お持ちの方は参照下さい。

| | コメント (6)

2011.05.01

模型のような風景:倉吉機関支区

リンク先の庶茂内・雑記さんで「模型のような」というタイトルでいくつかの好例が紹介されたので、便乗企画です。コンパクトにまとまるプロトタイプというのは、あんがい実物写真集などで目に付かないものです。「絵にならない」事が多いためでしょうね。しかし、我々モデラーにとっては一番欲しい写真です。管理人も計画中のレイアウトが「北海道」なので、最近忘れかけていましたが、大好きだった倉吉線の始点に有った機関支区を紹介しましょう。

F2m00507_800s1973頃、中学生だった私が住んでいた富田林市(大阪)から、精一杯遠出して撮影出来る蒸機が、ここ倉吉線でした。そのため、冬・夏と合計3~4日撮影しています。当時、C11牽引の混合列車は乗って良し、撮って良しの夢の世界でした(今から見たら余計に!)。

F2m01020_800s_2の上、倉吉には好ましい煉瓦作りの給水塔まで有りました。機関支区自体は線路1線だけだったように思います。駅全体は案外広く山陰本線がホーム3面、倉吉線が2面に貨物ホーム2~3面有る地域の主要駅です。今から思えば、もっとしっかり色々なアングルから撮っておけば良かったと悔やむばかりです。無煙化後にも訪問したはずなので、その時に何か記録しているかも知れません。

なぜかいつもC11は41番でした。配置は米子だったのですが毎晩米子へ帰る風でも有りませんでしたので交番検査ごとに帰る運用だったのでしょうか?なお、客車の運用も、昼間に山陰本線の列車から分割されて入ってくる形で差し替わっていたと記憶しています。いずれも正確な運用は知らないので、ご存じの方が居られたらぜひご教示頂きたいです。

まだ他にも有りますが、整理出来ていないのでみなさんのご希望が有れば整理していたいです。

| | コメント (3)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »