« 震災復興情報 | トップページ | レイアウト参考書・2題 »

2011.03.28

京都府八幡市での運転会

2011京都府八幡市の「やわた流れ橋交流プラザ四季彩館」において、木津川をめぐる鉄道として運転会・写真展が行われています。管理人もネコの手としてお手伝いしてきました。場所柄、家族連れも多く、子供たちに体験運転を楽しんでもらえました。未来のモデラーになってくれるとうれしいのですが。。。

主催は小菅氏ですが、京都トンネルクラブ・鉄道友の会京都支部・HOJCの協力で開催されています。詳しい報告は、リンク先の高急モデルノート2の、3月23日、26日、27日などに有りますので、ぜひご覧下さい。

概要は次の通りです。
会場:京都府八幡市「やわた流れ橋交流プラザ四季彩館」展示ロビー 入場無料
期間:2011年3月24日(木)~4月10日(日) 月曜休館
時間:10:00~17:00  最終日は16:00まで (施設は21:00まで営業)
内容:直流2線式 16.5mmゲージ 12mmゲージ レイアウトによる模型運転会
      ・来場者の体験運転可能 車輛持ち込み可能
      ・京都府南部を中心とした鉄道写真20枚程度展示

コメント
協力者のボランティアで開催されていますので、予告なく運転休止(お昼休みなど)している場合が有りますので、ご了承ください。

|

« 震災復興情報 | トップページ | レイアウト参考書・2題 »

コメント

こんにちは。長丁場の八幡運転会も明日が千秋楽?を迎えることになりました。途中、主催者の体調も心配されましたが、何とか乗り切れそうです。レイアウトの一部ポイントの動作不良が発生中です。マシン交換が必要かもしれません。他にも何かありましたら、レイアウトノウハウの豊富な廣瀬氏のサポートをお願いします。

投稿: ヤマ | 2011.04.09 21:51

ヤマさん
こんにちは、とうとう本日が最終日となりましたね。
ポイントマシンの不調は辛いですね。小菅さんのはどんな作りだったか記録を探しましたが見つかりませんでした。

うちの組み立て式は、いい加減な作りの割に、ポイントマシンは一度も交換していません。説明図に載っている推奨方法でなく、支点なしの直動式にしているのが良いのかも知れません。
試作時には支点にパイプを使った方式でやりましたが、結構面倒でした。支点のパイプの元々のガタやパイプ自体の取り付けが緩むと転換出来なくなります。支点のパイプが移動してしまったときは、爪楊枝でも差し込んで、仮固定してから接着材で止めてしまいました。その後、この方法で全部やりました。

投稿: 管理人 | 2011.04.10 02:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災復興情報 | トップページ | レイアウト参考書・2題 »