« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.23

JAM総会の併設イベント(クリニック)

今回のJAM総会では、例年とは異なり趣向を凝らした、イベントが併催されました。今回はクリニックの報告・感想を記します。北海道の各時代の写真をふんだんに使ったためになる講演でした。

●クリニック「北海道特集」

「昭和20 年代の北海道に古典機を追う」( 竹中泰彦氏)

11n02013_800s_2貴重な昭和20年代の北海道各地の風景が紹介されました。この時代の記録は少なく、全てが貴重なものばかりです。中でも管理人が感激したシーンは、これです。当方が建設中の「上幌延炭礦鉄道」のモチーフとなった日曹天塩」です。ポケットも建設中のようです。まだまだ、増産体制に有った頃なのでしょうか? このような、竹中氏の「私鉄の風景」に掲載されていないシーンも見ることが出来ました。なお竹中氏の写真集は、モデルス イモン発行ですので、通販可能です。

「茅沼、そして上芦別物語」( けむりプロ)

11n02023_800s「鉄道賛歌」や「萱沼炭化鉱業専用線の思い出(鉄道ファン)」 裏話を地図や未発表の写真を交えて紹介されました。レイアウトの参考になりそうな貴重な写真もいくつか拝見出来ました。中でも、雄別の給炭台は”裏がどうなっているのか?”が分かるレイアウトビルダーにとっては、のどから手が出るほど欲しいアングルです。ぜひ、このような資料的にも価値のある写真が、写真集などになることを熱望します。

「山線のC62 と北海道点描」( 桟敷兄弟)

11n02055_800s小樽の当時何気ない町の風景を記録した写真の紹介から始まり、兄弟の撮影秘話を交えて、楽しい講演でした。最後は裏地に ツバメが2羽飛んでいる着物を見せて頂き、やんやの拍手を得て、落ちとなりました。この時代に、街の風景を捉えているのはすばらしいです。手宮の、馬による入れ換え風景など、貴重なシーンも拝見できました。

なお、講演風景写真のブログへの掲載はJAM事務局殿より了解得ております。

| | コメント (0)

2011.02.20

JAM総会併設イベント

Jam_dsc_2121_800s 昨日無事JAM総会の併設イベントに参加致しました。みのるさんのおかげでご覧のような展示内容で、15分程度の時間を頂いて解説もさせて頂きました。本日(20日)はイベントの一環である、レイアウトツアーに参加致します。
取り急ぎ報告まで・・・

| | コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »