« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.29

雪景色の表情

F4m01125_s

F4m01136_s

リンク先の庶茂内・雑記で雪景色の再現が話題になっているので、協賛して当方が撮影した写真を紹介します。駅構内の雪の表情が分かるものは意外に少なく、駅間走行写真をメインにしていたことが、今となっては悔やまれます。

1975年12月の夕張線川端駅だったと思います。残念ながら、肝心の「標津の冬」(道東の雪景色)は撮っていません。でも、みのるさんが作る「雪晴れ」の日だったので、感じは似ているのでは無いかと思います。人海戦術で除雪した感じが分かる写真が見つかりませんが、スコップで切り出した、ゴロゴロした感じの雪塊が線路脇に転がっていた記憶が有ります。

みのるさんのブログで夕張炭鉱鉄道車両掛さんが解説しているように、普通の駅構内は人力除雪です。このため、線路間隔が若干広い目になっていることが多いです。

ジョルダンは、「ヤードで使います」のような記述を書籍で見かけますが、どの程度のヤードが対象になっているのか知りたいところですね。夕張炭鉱鉄道車両掛さんの解説のように、標識類が出っ張っている部分では使えないので「ジョルダン対応ヤード」がきっと有るのでしょうね。1975年の配置表で道東・道北のキ700常備駅は、池田、北旭川、旭川、名寄、音威子府です。恐らく、これらの駅が対応ヤードを持っていたのでは? と思っています。除雪風景の写真を見たいモノです。

| | コメント (4)

2011.01.14

JMA総会併設イベントのテーマは「北海道」

10n05033_800sひょんな事から、2月19日に開催されるJAM総会の併設イベントに参加することになりました。
テーマが「北海道」とお聞きして、軽い気持ちで参加を決めたのですが・・・
JAMのtwitterを見ると「珠玉のモデルに・・・」などと書いて有るではないですか。うちのは、珠玉とは言えんな~ と青ざめているところです。後には引けないので、笑いでごまかすしかないです。せいぜい、整備をして置かなくてはいけません。画像は、持参予定の旧作C11「標津の冬」です。

他の方の名作を拝見出来る貴重なチャンスですので、この際JAMに入会して見学するのはお勧めです。誌上で見るのとは、迫力が違うと思います。

JAMのサイトでは、クリニックの情報もUPされています。竹中泰彦氏、けむりプロ、桟敷兄弟・・・と、必聴の講演です。私の元々の目的は、これです! 今から楽しみです。

当方の展示車両は、未定ですが、リンク先のみのるさんの石炭埠頭モジュールに展示してもらう予定です。なんと、今回の展示のために13mmに改軌してもらいました。2500や8100を展示する予定です。C11など国鉄型は、別の展示にする予定です。やはりキ100とセットでの展示にするつもりです。

| | コメント (4)

2011.01.01

謹賀新年

F3m00624_s 新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年は、レイアウトを次のステップに進めたいと思っています。苦手なストラクチャー作りを如何にして克服するかがカギとなりそうです。これからも、みなさんの助けをお借りして、なんとか進めていきたいと思います。特に資料不足なのは、駅構内のディテールが分かるような写真が少ないことです。写真集などでは、どうしても車両アップになるので、設備が写ったカットは思いの外少ないです。昭和10~30年代の姿を知りたいところです。私の撮影は、最末期のごく一部なので、模型化すると「ちょっと違う?」と云う感じです。

F3m02003_s

こんな感じの古いシーンを見たいモノです。

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »