« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.09

模型店の店頭レイアウト(IMON池袋、マッハ模型)

10d11093_800s10n12269_800s

模型店はもちろん、買い物が目的ですが・・・
一見の価値あるレイアウトを展示しているお店も有りますので見逃せません。

最近、管理人が拝見した2店のレイアウトを紹介します。


IMON 池袋店>・・・左の写真
JAM2004年の3日間レイアウトです。
1/87の統一縮尺で、9mm=軽便、12mm=国鉄、16.5mm=私鉄電車を再現した者です。制作者は大野雅志氏、須々木裕太氏、松本謙一氏、御園生信明氏、諸星昭弘氏です。製作過程は、「レイアウト・ビルダーズ1」日本のTopレイアウト(プレス・アイゼンバーン刊)に解説されていますので、これを読んでから見学に行くのが良いです。
コンパクトなスペースに、立体的に配置された、風景はいつまで見ていても飽きません。
(写真は、許可を得て掲載しています)

<大阪梅田 マッハ模型>・・・右の写真
こちらはなんと、TMS1969年5月号掲載(レイアウトテクニック再録)のなかお・ゆたか氏の名作「蒸気機関車のいる周辺」です。阪神・淡路大震災に被災しながらも健在です。この作品が40年以上前に制作された事は、驚愕です。細部が作り込まれているだけでは無く、その色彩、配置のバランスが秀逸な事が大きいと思われます。また、台枠の丈夫さも寿命の長さに寄与していることは間違いないです。実際に運転するのはスイッチの操作が煩雑で大変だったと思いますが、今ならDCCでサウンドを入れたら、実際に運転して遊べると思います。
来店するたびに、拝見するのを楽しみにしています。
(写真は、許可を得て掲載しています)

| | コメント (2)

2010.12.02

コアレスモーター雑感(その2)

10d11161_800sコアレスモーターの話題では弊ブログ始まって以来の盛り上がりでした。
コメント・情報頂いた方々、ありがとうございました。大変勉強になりました。

さて、先日リパワリングの元祖ともいえる、松謙氏から、一般に流布している誤解や先入観に関する注意点などのコメントや、それにまつわる話題を頂きました。元々は私信ですが、ブログでの公開を承諾頂いていますので、私信の部分を割愛して公開することにしました。数字に関しては、技術的な裏付けは無く、経験則に基づくものがほとんどなので、計算したわけではないのでその点ご容赦願いたいとのことです。また、松謙氏のコメントの部分の著作権は松謙氏に有りますので、転載は特にご容赦下さい。

編集した結果に、「誤解」しやすい表現や、間違いが有った場合は、当方の至らない部分かと思いますので、ご容赦の上ご指摘下さい。もちろん、内容は吟味しておりますが、この記事により、なんらかの損害が生じても、一切弊サイトでは責任を持てませんので、自己責任で工作願います。もっとも、何か問題が生じた場合は情報を頂ければ、きっと参考になるので、うれしいですがね!

なお、分かる範囲で当方(管理人=廣瀬)のコメントを追記してあります。

画像は、本文とはあまり関係有りませんが、管理人手持ちのLN-18(15年ぐらい前に購入したキット付属)と2年ほど前に仕入れた、エムテックスブランドの1219S(MINIMOTOR社製)です。

続きを読む "コアレスモーター雑感(その2)"

| | コメント (3)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »