« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

レイアウト着工

本サイトもお陰様で開設7周年を迎えました。
記念コンテンツとしてレイアウトのページを開設しようと思います。

10d02002_800s

年初から、レイアウト予定地のがらくたを整理して、台枠の基本部分を組み立てました。JMとしては小さなモノですが、小型車輌を中心に鉄道風景を楽しめるレイアウトにしたいと思っています。写真は、仮の天板を置いて、線路を仮置きして、全体の雰囲気を見ているところです。

Plan_tms451_pp104105_400s

プランはTMS451号のレイアウトプランコンテストを左右逆にして、機関車運転向けにアレンジしたものです。

| | コメント (1)

2010.03.17

我が家のデータ保存

リンク先のブログで「自分の写真は生きている間は見たい」などと書いたのですが、分量が多いので自分のブログに記載しておくことにしました。

ビネガーシンドロームが広まる前から、乾板はともかく、ネガより、六切りぐらいにきれいに伸ばして保存するのが一番良いかも知れない、と云う説が有りました。カビやキズの事を考えると、覆い焼きなども含めて「作品」として完成されたモノを残すのが一番、との考えのようです。

さすがに、伸ばすのはもう絶望的なので、スキャンでガマンします。さすがに僅かな「蒸機時代北海道」は、主なモノ全てキャビネにしてあります。10d03055_800s
10d03056_800s

現在使っている、スキャナでEPSONのGT-X970です。家庭用としては、これが精一杯です。4X5のキャリアまで付いていますが、主力はもちろん、35mm用です。6コマX4本まで一度にスキャン出来るので、2回で36枚撮りを1本スキャン出来ます。日夜、仕事をしてくれます。今夜も、これからセットしてから寝ます。

「JPEGが劣化しやすい」と云うのは、保存期間に関する話では無くて、画像編集に対する劣化だと思います。と当方は、JPEGは、「保存用」と「編集用」の2本立てで保管しています。デジカメも含めて、「保存用」はファイル名の変更もしません。OSでの、表示用回転も禁止です。

また、デジカメ画像を、メモリカードにそのまま残していても、そのうち消えます。DVDよりは相当マシと思いますが、10年オーダーの保存はムリと思います。第一、読めるハードが無いと思います。HDに保存して、転記保存とコンペアを繰り返すしか無いと思います。これなら、1~3年置きに乗り換えていきますので、それくらいの周期では、何らかの対策が出来る(コンバートとか)と思います。

<長期的なデータ保管(家庭向け)>は続きを・・・

続きを読む "我が家のデータ保存"

| | コメント (2)

2010.03.08

古川亨さんの写真展開催

20100308_800s_2

20100308_800s_3

本日(3月8日)から3月16日まで、古川亨さんの写真展が開催されます。ガゼット誌などでも入選多数なので、その道ではよく知られた方です。古川享さんは2006~2009年の4年間JAM会長を務めて居ましたし、「前 米マイクロソフト副社長」として知られています、のでコンピューターの世界でも知る人ぞ知るの大人物です。

写真集も発行されておられ、これまたすばらしい出来具合ですから、たいそう素晴らしい写真展だろうなと、思っています。

PS
写真集購入先:上記リンク先の私の掲示板の「bobhayden」さんのURLはリンク切れです、TOPページを再掲載しておきます。

| | コメント (0)

2010.03.07

プラ製スハ32系発売に当たって

アクラス、天賞堂とスハ32系客車が相次いで発売されました、それぞれに特徴が有りますが、当方はアクラス製を購入しました。もちろん、13mm(JM)の改軌パーツが用意されているからです。模型自体のインプレションは、リンク先のブログ(庶茂内・雑記でキーワード国鉄の車両(1/80)選択 )に詳しいです。

32405_80m20826_800s

実物の写真も一杯撮っているのですが、中々整理出来ていません。まずは1980年に撮影した一コマをUPします。夏姿で、二重窓の窓枠などが写っています。他に撮影したものが、弊サイトの自宅サーバーに有りますが、今夜当たりは起動しておきましょう。

10d0329_800s_2

アクラス製のスハ32では窓ガラスのフチが光るのがウィークポイントですが、簡単なイメ ージアップ方法を・・・写真は、窓ガラスの裏から、油性フエルトペンで目立たなくしてみました。使ったSAILORのAUNO2です。裏面のエッジ部を中心に塗っています。万一、窓に付いたら、アルコールで拭けば良いです。

<感想>
同一形式ですが、両社かなり味付けが異なります。個人的には、アクラス製の方が、デッキまわりの印象が良いので好みです。アクラス製は標準で、電暖のジャンパーが付いているのはマニ36を作る事も配慮しての事と思います。私は、削り取る予定です。電池箱は選択式で(大)を付けられるように付属していますので、そのまま使えます。発電機は標準的なモノですが、台枠部分を表現したエコー製を付けるつもりなので「北海道型」が設定されていなくてもOKです。その他、室内灯回路にスーパーキャパシタが付いているので、短時間停車なら「常点灯」を実現できます。DCCの場合はあまり関係ないかもしれませんが、ちらつかないのでやはり有利と思います。

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »